ブックタイトル月刊フードケミカル見本版(2014年 3月号より抜粋)

ページ
15/16

このページは 月刊フードケミカル見本版(2014年 3月号より抜粋) の電子ブックに掲載されている15ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

月刊フードケミカル見本版(2014年 3月号より抜粋)

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

月刊フードケミカル見本版(2014年 3月号より抜粋)

82 月刊フードケミカル 2014?3 キッコーマンバイオケミファは,3月18日より,ATP法を利用したふき取り検査用清浄度測定器ルミテスターの新機種「ルミテスター PD-30」を全国で発売する。新製品は「ルミテスター PD-20」の後継機種で,コンパクトさはそのままに新機能を追加。新たにスタンド付ソフトケースを標準装備して価格は据え置きとした。特長:①「顔イラストモード」による合否判定で直感的に判断可能②より広い温度範囲(10 ~ 40℃)での安定的な測定が可能③測定器内の汚れをチェックする「自己診断機能」を搭載④日本語や英語等8言語表示が可能⑤データ解析ソフトを刷新。測定者や測定場所等利用方法に合わせた設定やデータ処理が可能本体価格:99,800円(税別)問い合わせ先:キッコーマンバイオケミファ㈱?03-5521-5490 アジレント・テクノロジーは,マイクロ波プラズマ原子発光分光光度計の新製品「Agilent 4200 MP-AES」を販売開始した。従来のフレーム型原子吸光のようにアセチレン等の可燃性ガスを使わず,空気中の窒素を利用することで,ランニングコストと安全性を向上させた。可燃性ガス不使用により,オプションのオートサンプラとの組み合わせで終夜運転が可能となったのは大きなメリットだ。特長:①優れた感度とppbレベルまでの検出下限を実現②従来のフレーム型原子吸光のおよそ2倍の測定速度③アセチレン等の可燃性ガスが不要で安全性が高く,終夜運転が可能④空気中の窒素から発生させる窒素プラズマ利用で低ランニングコストを実現⑤マトリクス耐性向上で,幅広いサンプルに対応価格:600万円(税別)問い合わせ先:アジレント・テクノロジー㈱カストマコンタクトセンタ?0120-477-111最新機器情報新製品インフォメーション見えない汚れを10秒で測定ATPふき取り検査用測定器「ルミテスター PD-30」安全で経済的な測定を実現する元素分析装置Agilent 4200 MP-AES(マイクロ波プラズマ原子発光分光光度計)