2019.05.30号

FCN1667

2019.05.30号  (FCN1667)

定価(税別)
¥700
販売価格(税別)
¥700
在庫状態 : 在庫有り

ifia/HFE    ifia/HFE JAPAN 2019

 過去最高の3万6383人が来場    製品・技術を堅実にPR            展示素材用いた弁当も好評

 

工場    太洋化学工業    リン酸塩でハラール認証取得                           輸出向け食品などのニーズに対応

 

製品    セティ    均一な風味を実現                                              オニオン、ガーリック、レモン各パウダー注力

 

行政    食品ロス削減推進法成立    行政・事業者の責務を明記

 

食壇    野菜の洗浄・殺菌    適切な手法の選択を

 

 

●特集 ifia/HFE2019を振り返る●

ifia/HFE特集:ifia/HFE JAPAN 2019を振り返る_アワード受賞社

    ifia/HFE JAPAN 2019 アワード受賞社決定!    質の高い展示内容で会場盛り上げる

 

    最優秀賞_エー・ディー・エム・ジャパン    ifiaから発信    旧ヴィルド社とのシナジー発揮
 

    製品力賞_理研ビタミン/栄研商事    乳化剤、梅加工品PR    幅広い製品展開に評価
 

    製品力賞_オリザ油化    女性応援アグアヘ    ハラールなど海外展開を強化
 

    技術力賞_伊那食品工業    寒天で“優しさ”を    環境・健康・人に配慮
 

    技術力賞_ミヨシ油脂/AAK・ミヨシジャパン    粉末油脂の機能性アピール    ユーザーの課題解決サポート
 

    ベストPR賞_三菱商事ライフサイエンス    3社統合初お披露目    全方位で新社名PR
 

    ベストPR賞_三生医薬    フレイルの認知と対策素材提案    機能の簡便性の両面で提案
 

    審査員特別賞_日本製紙    包材部門で初出展初受賞    国内初の紙製バリア素材紹介

 

    審査員特別賞_佐藤食品工業    開発への挑戦と成果に評価    ユニークな新製品で食の楽しさを

 

ifia/HFE特集:ifia/HFE JAPAN 2019を振り返る_企画ゾーン別 

  味と香りの提案ゾーン    ifia特製の弁当など企画    
 

    食の安全・科学ゾーン  改正食衛法対応に高い注目    

 

  海外進出応援ゾーン       新市場求める企業をサポート    
 

  良食体健ゾーン             体感型展示が人気    
   

    スポーツニュートリションゾーン    連日満員の盛況に    
   

  海外パビリオン    ハラール食品初コーナー化    
   

  食の地域ブランド創生地方ゾーンの機能性表示注目   

 

ifia/HFE特集:ifia/HFE JAPAN 2019を振り返る_分野別

    甘味料    オリゴ糖から高甘味度甘味料まで    新しいニーズに積極に対応

  

   品質改良剤    厚み増す出展製品    素材の多様な魅力を発信
 

    着色料    赤色素の台頭目立つ    見栄えある食品開発に貢献
 

    保存料・日持向上剤    多種多様な製剤を紹介    食品ロス対策など効果期待
 

    酸味料    多様な機能を紹介    乳酸、リンゴ酸、フィチン酸をPR
 

    増粘剤・乳化剤    タレ・ソースなど新応用    人気博した乳化剤セミナー
 

    調味料    天然系抽出エキス目立つ    最新の加工・配合技術を駆使
 

    酵素    特長ある製品展示    多様な分野で活躍
 

    香料    こだわり原料に注目    「味・香りの関わり」がキーワード
 

    HFE    注目集めた良食体健ゾーン    脳・美容・腸・スポーツなど活気満ちる

 

 

行政    厚生労働省 新開発食品調査部会    4植物が注意成分に指定へ

      “正しく使用”で問題なし_GMP管理と健康被害報告を義務化
 

企業    ヘルスケアシステムズ・カルビー    朝食グラノーラ置換えで減塩    食塩摂取量1・14g減を確認
 

製品    レネロファーマ    ラクダミルクパウダー発売    低脂肪・高栄養で免疫強化にも
 

話題の焦点    東京大学生産技術研究所    血管細胞を立体的に培養    「微小血管チップ」食品評価に活用へ

数量