13/06月号 特集 免疫研究のいま

FS1306

月刊 FOOD Style21 6月号 Vol.17 NO.6  (FS1306)

定価(税別)
¥2,381
販売価格(税別)
¥2,381
在庫状態 : 在庫有り

▽特集・・・免疫研究のいま ●免疫機能を制御する食品素材の研究動向・・・杣 源一郎、稲川 裕之 ●西洋カラマツ由来多糖類 レジストエイドTMによる免疫応答のエビデンス・・・王堂 哲、田辺 康治 ●グルコポリサッカライド(β-1,3/1,6-グルカン)による自然免疫の活性化・・・塩島 由晃、吉成 織恵、樋口富士人 ●機能性卵黄リベチン(Immunogloburin Yolk : IgY)の小児ロタウイルス下痢症対策の研究・・・梅田 浩二、ラハマン・ショフイクル ●プロテオグリカンの炎症性腸疾患改善について・・・坪井 誠、米塚 正人 ●殺菌ビフィズス菌BR-108の免疫機能に及ぼす効果・・・伊地知哲生、渡邉 卓巳、牧岡 祐子 ●TRAIL活性型乳酸菌「トレイルエスワン」の特徴・・・畠 修一 ●KT-11乳酸菌の免疫バランス改善作用・・・渡邉 樹、飛田 啓輔、黒崎 晃彦 ●フェカリス菌の花粉症予防効果・・・嶋田 貴志 ●ウイルス感染防御機能を持つプラズマ乳酸菌・・・藤原 大介 ●ラクトフェリンのノロウイルスなどへの感染防御作用・・・新光一郎、若林 裕之 ●バラ花びらポリフェノールの抗アレルギー効果・・・岡田 利孝

▽この人に聞く研究最前線   「ビフィズス菌のヒトミルクオリゴ糖代謝機構 ~分子機構から読み解く~」    農研機構 食品総合研究所 食品バイオテクノロジー研究領域 酵素研究ユニット長 北岡 本光氏

▽F’s eye「地方から進む機能性食品表示制度」

▽機能性研究レポート   ソフトカプセルの現状と最近の技術開発・・・高橋美也子、岡山 利和    カバノアナタケのインスリン抵抗性改善作用・・・南山 幸子、竹村 茂一、岡真 優子、冨永 敦子、堀 楓、岡田 茂、小熊 恵二

 <連載 / シリーズ>

▽OEM企業各社の魅力に迫る   液体充填ハードカプセル Licapsでお客様の製品開発力に貢献する カプスゲル・ジャパン㈱

▽地方発バイオイノベーションの進展と機能性食素材開発   福島県発フードイノベーション②   福島県農業総合センターにおける農産物の機能性研究への取り組み・・・関澤 春仁

▽<インタビュー>日本製プラセンタ商品に世界の注目が集まる・・・コスタンティーノ社 社長 マリオ・フェア 氏

▽機能性食品科学の周辺 「食品成分のプロテオホルミシス効果 (その2)」・・・村上 明

▽世界におけるヘルシーフードマーケット「米国の民間長期介護保険の動向」・・・富田 勉

▽herbs at a glance ハーブについての基本 ~米国NCCAMの評価を中心に~・・・吉田脩平

▽ニュースショウ ▽Californian Breeze ▽厨の歳時記 ▽文献トピックス ▽広告索引/次号予告/編集後記

数量