15/06号 特集1 HACCP 変化の兆し

FC1506

月刊フードケミカル 6月号 Vol.31 №6  (FC1506)

定価(税別)
¥2,700
販売価格(税別)
¥2,700
在庫状態 : 在庫有り

▽特集1 HACCP 変化の兆し

 ●コーデックスの食品衛生の一般原則およびHACCP付属文書の改定・・・豊福肇(山口大学 共同獣医学部)
 ●ISO22000改訂の動き・・・湯川剛一郎(東京海洋大学 先端科学技術研究センター)
 ●HACCP普及の取組み・・・梅田浩史(厚生労働省 医薬食品局 食品安全部 HACCP企画推進室)
 ●日本におけるHACCP普及のための課題・・・荒木惠美子(東海大学 海洋学部 水産学科)
 ●食添GMPと食品添加物におけるHACCP導入・・・堀川裕司(日本食品添加物協会)

▽特集2 食品検査におけるサンプリングの重要性

 ●食品の安全性確保のための検査と食品微生物学的基準
  ――ICMSFの考え方を中心に――・・・春日文子(国立医薬品食品衛生研究所 安全情報部)
 ●コーデックス委員会分析・サンプリング法部会の最新動向・・・浮穴学宗,山田友紀子(農林水産省)
 ●サンプリングに役立つ装置・資材・・・編集部

▽特集3 酸味料の利用技術と市場

 ●食品添加物としての酸味料
  ――それらの特徴とそれを活かした用途について――・・・岩間保憲(扶桑化学工業)
 ●酸味料の市場動向 原料高や円安などに対する採算是正が課題・・・編集部

▽レーダー 下落止まらぬ異性化糖市況

▽Pick Up! 編集部イチ押し!・・・林原 林原ヘスペリジンRS

≪インタビュー≫
 日本食品分析センター 学術顧問/ニッポンハム食の未来財団・・・理事 一色賢司氏
 2団体の活動通じ食品の安全性確保に尽力

▽工場ルポ・・・林原 岡山機能糖質工場(S棟)

▽連載 温故知新
  ◆第9回 相知高菜漬の製造過程における微生物と香気成分の変化・・・宮尾茂雄,佐藤吉朗(東京家政大学)

▽食添・食素材カラム

▽最新機器情報

▽新素材・新技術

▽連載 食品検査の迅速・簡便化技術 第5回
  ●スパイラルプレーター・コロニーカウンターの開発経緯と普及状況
   ・・・鈴木清之(セントラル科学貿易)
  ●スパイラルプレーター・コロニーカウンター一覧

▽最新技術情報  マダニ媒介赤身肉アレルギーのリスク・・・鈴木幸雄(シッフズジャパン)

▽スポットライト

▽情報カプセル

▽イベントダイアリー

▽文献速報

▽通関統計

▽広告索引・次号予告

▽表紙イラスト・デザイン:江口英弘

数量