10/08月号 特集1 おいしい低塩・減塩化技術特集2 食品の国際規格と微生物試験

FC1008

月刊 フードケミカル  8月号 Vol.26 NO.8  (FC1008)

定価(税別)
¥2,700
販売価格(税別)
¥2,700
在庫状態 : 売切れ

▽特集1 おいしい低塩・減塩化技術
●アメリカ合衆国のナトリウム低減戦略……久保村喜代子
●食酢の減塩効果……小笠原靖,赤野裕文
●減塩食品開発時の課題とその解決策(ソルトテーストフレーバー)……山口 剛
●新しい低塩化技術の提案とその利用……田形匡亮,松田秀喜
●「ソルテイスト」による減塩・低塩食品のおいしさ向上……宮内大介
●おいしさの低塩・減塩技術について……柴山進一
●低塩・減塩食品開発に役立つ素材・添加物・装置・機器……編集部

▽特集2 食品の国際規格と微生物試験
●微生物試験法の標準化と国際整合性……五十君靜信
●ISO17025の微生物試験への適用……田中廣行
●国際規格に関する食中毒菌の検査資材一覧
サルモネラ,腸炎ビブリオ,O157,リステリア,E.sakazakii……編集部

▽DSP五協フード&ケミカル(株)設立特別企画

▽さらにやさしい食品添加物 Part3 -続 安全性・規格・基準は 追補
「消費者庁ができて食品の表示は変わるの?」……湯川宗昭

▽最新機器による食品分析アプリケーション(15):同位体比分析による産地・原材料同定へのアプローチ……大道公秀,秋山賢一郎,中野辰彦

▽レーダー:着色料原料の価格高騰と国内市場

▽Pick UP! 編集部イチ押し:川村通商(株)「天然ケーシング事業」

▽インタビュー:平中隆司 消費者庁食品表示課 課長補佐(総括)
「食品表示の各政策で義務化の拡大目指す」

▽スポットライト
行政:第9版食品添加物公定書で作成検討会が発足,これまで以上の品目数で収載目指す
セミナー(1):食の信頼向上をめざす会「『地産地消』とは?」をテーマにメディアとの情報交換会を開催
セミナー(2):アメリカ大豆協会,2010年アメリカ食品大豆カンファレンスを開催

▽食添・食素材カラム:酵素/甘味料

▽新素材・新技術情報

▽研究所訪問:高田香料(株)東京営業所 先端官能評価室
「香りの追求に最先端の官能評価活かす」

▽情報カプセル

▽神田食化屋

▽食添・食素材天眼鏡:アラビアガム

▽最新機器情報

▽イベントダイアリー

▽文献速報

▽通関統計

売切れ