11/10月号 特集1 シーズニングとリアクション特集2 第1回 食品技術セミナー 講演ハイライト

FC1110

月刊 フードケミカル  10月号 Vol.27 NO.10  (FC1110)

定価(税別)
¥2,700
販売価格(税別)
¥2,700
在庫状態 : 売切れ

▽特集1 シーズニングとリアクションフレーバー
●チーズの香りと香料開発……中本幸志
●ロースト感を有するオニオン香料,調味料の開発……堀井 謙
●「豚クサさ」に着目した新しい調味料「ハイクックポークBK」,「ハイクックポークFJ」の開発……末永新,渡邊裕也
●リアクション系酵母エキスの最新技術……古川裕考
●調理感の強いシーズニングオイルの提案……奥川佳世
●各社のシーズニング・リアクションフレーバー……編集部

▽特集2 第1回 食品技術セミナー 講演ハイライト
●リステリア・モノサイトゲネスの微生物基準とその試験法……五十君靜信
●腸管出血性大腸菌制御のための微生物基準におけるサンプリングプランの考え方……春日文子
●食品からのサルモネラ属菌検出のための標準試験法‐作成の経緯と国際整合性‐……百瀬愛佳
●過去の食中毒発生状況……編集部
●食中毒菌検出培地・キット・機器一覧……編集部
●食品成分による生活習慣病の予防……小島明子
●ゴマ・ゴマ油の製造と栄養……関 圭吾
●結晶セルロース「セオラス」の機能と顆粒状食品への応用について……五味俊一
●新開発「パルス流動層造粒乾燥装置」による品質改善および生産性向上についての提案……松井 航

▽Cover Review『カレー・スパイスのトレンド』
特別インタビュー スパイスコーディネーター協会 理事長 武政三男氏
「これからのカレーとスパイスの方向性」
カレーの最新トピックス……編集部

▽リレー連載 食品と放射性物質(2)
NaI (Tl)シンチレーションスペクトロメータによる放射性物質検査の一考察 川村 仁

▽レーダー:食品表示一元化検討会の発足と今後について

▽インタビュー:ハザード・健 DSMフードスペシャリティ アジア・パシフィック リージョナルディレクター,胡 毓江 同 セイボリー研究開発マネージャー
「調理感あるユニークな酵母エキスを世界へ」

▽食添・食素材カラム:酵素/保存料・日持向上剤

▽スポットライト
行政:食品安全委員会,アフラトキシンM1,飼料中B1の規格案で審議
セミナー(1):第54回果汁技術研究発表会開催−日本果汁協会
セミナー(2):拓殖大学イスラーム研究所,中国のハラール制度の現状で講演会開く

▽集中連載:実践!食品表示検定:第3回「表示を作ってみよう!」

▽食添・食素材天眼鏡:ステビア甘味料

▽神田食化屋

▽工場訪問:コスモ食品(株)北海道工場
「十勝の資源最大限に活かす」

▽情報カプセル

▽新素材・新技術情報

▽最新機器情報

▽イベントダイアリー

▽文献速報

▽通関統計

▽編集後記

▽広告索引

売切れ