14/04月号 特集 特集 おいしい減塩プロジェクト

FC1404

月刊フードケミカル 4月号 Vol.30 NO.4  (FC1404)

定価(税別)
¥2,700
販売価格(税別)
¥2,700
在庫状態 : 在庫有り

▽特集 おいしい減塩プロジェクト

 ●〈特別インタビュー〉日本人の減塩の必要性と実現性 ~適塩メニューで外食産業を健康産業に
   ・・・·武庫川女子大学 国際健康開発研究所 所長 家森 幸男 氏 講師 森 真理 氏 ·
 ●パセリエキス成分を利用した新しい減塩技術の開発・・・土屋佳奈子,下野 将司,杉山 公教
 ●減塩のためのフレーバリング技術・・・久保村喜代子
  ●うま味を利用した減塩料理の提案とその官能評価・・・石田 眞弓
 ●減塩食品への食酢の利用・・・小笠原 靖
 ●減塩素材「soda-lo」の特徴と機能・・・鈴木 夢生
 ●各社の減塩素材・注目の減塩商品・・・編集部
 
▽特集2 膜分離技術の食品利用

 ●膜分離技術を用いた食品加工技術の現状と今後の可能性・・・鍋谷 浩志
 ●膜分離技術を用いた乳原料の製造・品質向上・・・田村 吉隆
 ●電気透析膜による減塩技術・・・金山 裕亮
 ● 各社の膜装置・関連技術・・・編集部

▽ifia HFE JAPAN 2014 セミナーガイド
▽レーダー:中国グリシンの市況を注視

▽インタビュー:シンサイト社 取締役 Dr. ビジュ・ジェイコブ
        「日本のスパイス市場に期待」

▽食添・食素材カラム:甘味料/リン酸塩/保存料・日持向上剤/機能性素材

▽スポットライト
 行政:第2 回食肉等の生食に関する調査会
    生食規制をどこまで行うか,流通実態とリスクから検討
 海外:ウェールズ政府 英国・欧州の食品・流通の最新トピックを紹介
 講演会①:中東の動向,運用事例など具体性ある知見を紹介
      JETRO 食品輸出に向けたハラール/ハラール認証セミナー ·
 講演会②:グローバルで生き残る戦略とは 海外から見た「日本企業に足りないもの」

▽フォーラム:フード・フォラム・つくば冬の例会「ニッポンの食の未来を考える」

▽神田食化屋
▽新素材・新技術情報
▽情報カプセル
▽最新機器情報
▽イベントダイアリー
▽文献速報
▽通関統計
▽編集後記・広告索引

数量