-新聞統合のお知らせ-

          

 

 

食品化学新聞および健康食品新聞関係者各位

 

 

 

ご 挨 拶

 

 

~食品化学新聞と健康食品新聞を統合します~

 

 

  食品化学新聞および健康食品新聞をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。厚く御礼申し上げます。

 

 このたび食品化学新聞と健康食品新聞(HJ)を統合し、「食品化学新聞」として10月から新たにスタートすることになりました。加工食品の原料素材・添加物にターゲットに絞った唯一の情報紙“食品化学新聞”に、健康機能素材の動向や研究を報道してきた“健康食品新聞”を合体させることによって、加工食品分野と健康食品分野の間に存在する領域(美味しさと健康を兼ねた食品分野≒機能性表示食品)までも対象とし、その周辺も含めて積極的に報道していきます。当面は、食品添加物・素材関連のニュースを1面から掲載し、健康食品関連ニュースは、HJのロゴを活かし、最終面から掲載していく予定です。新聞名は食品化学新聞に統合されますが、このように健康食品新聞の記事は継続して報道していきますので、これまで購読していただいてきたHJ読者の皆様には、ご心配をお掛けすることのないように紙面構成する方針です。

 

 最近の食のキーワードは「美味しさと健康」です。食品への機能性表示制度の施行、減塩・低糖・低カロリー食品の広がりなどから、加工食品の特長付けに健康機能の付与は欠かせないものとなりました。一方、健康機能素材は、一般加工食品への応用開発が進んできております。総じて美味しさと健康を兼ねた食品が未来に向けて存在感を増していくことが予想されます。こうしたなか、両紙の記者は、これまでそれぞれの担当する分野を掘り下げて取材をし、紙面を作り上げてきましたが、今後は一人ひとりが食品業界全体に広く目を向け、健康食品と加工食品の両方の視点からニュースを掬い取り、紙面に反映させていく所存です。

 

 読者のみなさまにはよりタイムリーな記事を漏らさず、かつ幅広いニュースをお届けできるものと考えております。また広告掲載や取材・情報の提供にご尽力いただいております各社様にとりましては、より多くの読者にアピールできるとともに、食品添加物には機能性・健康影響面から、健康機能素材には美味しさや加工技術の面からと、これまでと異なる角度からスポットを当てることにより、素材の新たな魅力も引き出すことができます。また、機能性表示食品の広がりとともに、消費者から特定の素材がどのようなものか分かるような情報を提供できるものと自負しております。

 

 今後の諸手続きについては、お客様にご不便、御面倒をおかけしないよう細心の注意を払ってまいりたいと存じます。

何卒ご理解の上、新たな「食品化学新聞」を引き続きご愛顧いただきますようお願い申し上げます。

  

 

                                               

図1図2          株式会社 食品化学新聞社

      代表取締役社長 川 添 辰 幸